So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本:『バッテリーⅤ』(あさのあつこ) [本のこと]

本は買って読む・・・・ことが多かったのですが、
最近の読書ライフでは、
図書館の利用も織り交ぜられるようになりました。(今頃・・・。)

1.本棚の重さで床が抜けそうな恐怖を感じてきたので、
  別の部屋に本を移し分けたこと。
2.↑その時に、「これは二度読みはしないなぁ、古本屋行きでもいいか・・・。」
  という類の本も結構あったこと。
3.ずっとイマイチだと思っていた近くの図書館にも、
  検索すれば読みたい本が置いてあるのが分かったこと。

が、主な理由なんですが。。。

でも、やっぱり「これは買いたい」本っていうのも減らないのが現状。
6月中ごろから、そんな本が目白押しで発売されてしまっています。

これもその内の一冊。(←結局買っている^^;)

「バッテリー」の5巻、読みました。

バッテリー〈5〉バッテリー〈5〉

  • 作者: あさの あつこ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫

4巻に引き続いて、野球のことよりも少年達の色んな思いが
描かれている巻でした。

主人公の巧と豪の溝が埋まり始め、
バッテリーとしての絆が強く・・・というよりも柔軟な固さになってきたこと。
今までではずっと冷めた中学生でしかなかった巧の方に少し変化が出てきたこと。
その辺が面白かったです。

そして、今回もライバル校の瑞垣がなかなか中心核を担って登場しています。
周りを分析し、自分は計算の元に動き、熱くなることをしない・・・。
この人もある意味斜に構えた生き方をしている中学生で、
頭が良い分、可愛げのないキャラクターなのに、
だんだんと周りの、素直さやまっすぐさを受け止めざるをえなくなってくる。
そんな、子供社会の中でも大人以上に
沢山の感情や出来事にぶつかる少年達の様子が
興味深かった。

あさのさんの描く少年の心の葛藤には、
かなりドキッとさせてることが沢山出てきます。

「他人に対してこうありたいと思うことは、弱さではないのか。
 誰にも頼らずに、もたれずにいることが強さではないのか。
 そこが知りたかった。」

 ピッチャーとして、マウンドに立つ巧が思うこの気持ち。
すごく孤独で、でもこんな生き方の人って結構いそうな気がする。
巧は、このことに悩み始めたってことが
成長の一歩になるのかもしれませんね。

さて、バッテリーは6巻までで完結らしですが、
ラストは野球メインの話になってくるんでしょうか・・・・。
文庫発売が、楽しみです。


  •  





  • nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(2) 
    共通テーマ:

    nice! 2

    コメント 8

    朔夜。

    はじめまして 朔夜。といいます。
    あさのあつこ という名前に反応して書き込みさせていただきます(^^)
    ・・・って実は以前からよくロムらせていただいてました(^^;

    さて 「バッテリー」ですがこの度 映画化が決定したそうですよ。
    作家さんの地元でロケがおこなわれるとか。 楽しみですね(^^)
    by 朔夜。 (2006-07-01 21:15) 

    Moon

    最近の図書館はすごいよ!
    発売されてすぐの本なんかも結構あるし。。。
    読みたいけど、買うのどうしよう・・・って思う本は、本屋で題名ひかえて、とりあえず検索してみる!意外とあるよ~

    「床が抜けそうな恐怖」は同じくMoonも感じてます(笑)
    絶対読まない!って思う本は涙をのんで売りにいきました。
    捨てるなんてできないから・・・
    by Moon (2006-07-02 00:33) 

    nanayo

    > 朔夜。さん
    コメントありがとうございます!!
    あさのさんの本はこのバッテリーが始めて読んだシリーズでした。
    漫画化の次は映画化!!すごいですよね。来春でしたっけ?
    キャストはどんな感じなんでしょうね?
    by nanayo (2006-07-02 00:57) 

    nanayo

    >Moonさん
    江国香さんの「冷静と情熱のあいだ」の中で、
    “(本は)読みたいだけで、持ちたいわけじゃないもの・・・”っていう
    主人公の台詞に、「かっこいー。」ってずっと憧れてるんですけどね。
    しかし、既に今も4冊の新刊本を買って喜んでいる。。。学習しない女(^^;)
    図書館利用を上手にできるように努力してみます!
    by nanayo (2006-07-02 01:13) 

    こばけん

    映画化について、ちょろっと情報出ています。
    巧と豪は、いずれも新人。
    巧の祖父の井岡洋三は、文太さんのようです。
    by こばけん (2006-07-12 00:38) 

    nanayo

    >こばけんさん
    おお!そんな情報がもう既にあるんですね☆
    新人さんってのは、いいですね。
    染まってなくて、楽しみな感じ♪
    by nanayo (2006-07-13 00:19) 

    norizo!

    こんにちわ。
    登場人物の悩み、葛藤、成長。
    自分達が好きな野球を通して彼らが感じる思いは
    彼らをどう変えていくのか。
    主人公達だけではなく横手の二人も同様に気になるところです。
    早く文庫化して欲しいですね♪
    by norizo! (2006-08-02 08:00) 

    nanayo

    >norizo!さん
    残すところあと一冊になってしまったこのシリーズ。
    5巻が出たばかりなんで、まだ少し先でしょうが楽しみですね!
     >主人公達だけではなく横手の二人も同様に気になるところです。
    そうなんですよね。登場する少年達がみんなそれぞれいい個性してて、
    書き下ろしで登場した相手チームの二人も気になりますね!
    by nanayo (2006-08-02 20:16) 

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 2