So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本:『夜の国のクーパー』(伊坂幸太郎) [本のこと]

最近、本を読むペースがどんどん遅くなってしまってます・・・。

伊坂さんのこの本、ようやく読み終わりました。
書下ろしなんですね これ。

夜の国のクーパー

夜の国のクーパー

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 単行本


 内容(「BOOK」データベースより)
  この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。
  はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、
  町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。
  これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。
  ジャンル分け不要不可、渾身の傑作。伊坂幸太郎が放つ、10作目の書き下ろし長編。

 

架空の国の話と、その国に伝わるクーパーの伝説の話、
そして、その国から来たという猫に出会い、その猫から話を聞かされる男の話。
ちょっとしたファンタジー、です。
なんとなく、伊坂さんの初期作品「オーデュボン・・・」風のにおいが少し漂う作品だな、
と感じました。
そしてこれは、いわゆる寓話 なのかな・・・。

 



その小さな国の話を語ってくれるのが、猫 なので、
国の様子が全部猫目線なのが面白いです。
戦争で負けた小さな国の、
今までリーダーだった人物が敵国の兵士に銃殺された後の
町の人々の怯えや、作戦、
リーダーの息子の敵国への寝返り・・・など、
そんな様子を語る中にも、
猫と鼠との関係や鼠との話し合いなんかが混じってくるので、
なんだかほのぼのしてしまいます。
ただ、ほのぼのしつつも、
戦争や、倫理についての話が端々に盛り込まれているので、
考えさせられる部分も多々。

また、その国に伝わる「クーパーの兵士」の話もこれまた更にファンタジー。
クーパーと呼ばれる杉の木の化け物(?)を倒しに向かう兵士隊たち、
倒したクーパーの樹液を浴びると透明になってしまう という話ですが、
“寓話の中の言い伝え”って、なんだか読んでいて不思議な感覚になって
しまうんですよね。深い意味合いを持っていそうで、持っていなさそうで・・・。


そして、最後に、
猫から話を聞かされた日本人(仙台から釣りに出たが漂流した島で猫に出会った)が、
最後に、その小国を訪れ彼らを救う・・・という展開には、
ああ、なるほど、そう来たか!という仕掛けも施されていて、楽しめます。


でね、結局最後の印象として一番心に残る言葉としてはね、
「帰ろう」って言葉・・・。
妻に浮気された男も、
化け物を倒しに出た兵士たちも、
「帰ろう。」という言葉で締めくくられているのです。
旅立ち、とか、新たな道、とかを暗示させて結末を迎える物語も素敵だけど、
「帰ろう」から始まる未来も素敵だよね。

長編の割には、あっさりしたお話だなぁ・・・と、
読み追わってすぐには思ったのだけど、
あとからじわじわくる作品ですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1