So-net無料ブログ作成
検索選択

Fes:『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2016 』 [NONA REEVESのこと]

去年行きたくて行けなかった富山ビートラム。
今年もノーナが出るのが決まったし、
オリジナルラブと堀込泰行の出演もあるなら、
これはもう行かねば♪♪と勇んで、初めての富山へ。

BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2016
Cut2016_1010_2225_47.jpg
 2016年10月8日(土)OPEN10:30/START 11:00~CLOSE 20:00
 会場: 富山城址公園 芝生広場特設ステージ 
     富山市内環状線 路面電車内トラムステージ

【 10.8 sat 】
ORIGINAL LOVE  / カジヒデキ  / KONCOS  / SATORI  / 
Shiggy Jr.  / tanaka scat  / DJダイノジ  / NONA REEVES  / 
Negicco  / HARUHI  / FouFou  / 堀込泰行  / 
Yogee New Waves  / Rei

私は1日目の10/8(土)のみ参加で、
当日はあいにくの雨だったけど、
開催は無事決行されたし、降ったり止んだりしつつの1日で、
レインシューズとレインコート着て、
この雨も思い出の一つと思って楽しんできました。

メインステージとプラタナスージで交互に行われるステージは、
会場内のどこにいても両ステージの音が聴けるようなロケーション。


Cut2016_1010_1104_39.jpg

私が会場へ着いたのは、13:00を過ぎてからで、
主目的のノーナのステージが始まるまでは、
クレープ食べたり、皿回し(なんか、あったんですよ、富山レク協会のブースで、そういうのがw)したり、
他の出演者(KONCOS / Shiggy Jr./ HARUHIなど)のステージをゆったり見ておりました。
 KONCOS:若い勢いがあった!ラストはお客さんもステージに上げてワイワイしてはったよ。
 Shiggy Jr.:Vo.さんがが富山出身なのですね。可愛げPOPS。
 HARUHI:赤い髪のボーイッシュ女子。英詞の曲もいいけど、日本語詞のんも良かったです。



15:00台…ヤスのステージを遠くから聴いてました。
堀込泰行
 リハ曲:ブランニュー・ソング(1番を2回くらい歌ってた。)
 <Set List>
 1.Wah Wah Wah
 2.ブランニュー・ソング
 3.鋼鉄の馬
 4.Fire Brid
 5.Shiny
 6.Waltz
 7.季節の最後に

※MCでは、「新幹線に乗り遅れて、立って来た。」と言って会場を心配させ、
「皆さんは雨で濡れてますけど、ぼくは変な汗で濡れてます」と言って会場をざわつかせ、
曲の度にドリンクを飲む、相変わらずペースでしたが、
声の伸びはすごく良くて、「ああ、ヤスだーーーーー」と、感激。
「Waltz」が特に良かったなぁ。。。野外でヤスの歌を聴いたのって(私は)初めて
だったように思う。雨だったけどいたって「普通」のテンションを貫いていましたが、
聴いてるこっちは、やっぱり感動してまったよ。


16:00台・・・
この為にここに来たと言っても過言ではないステージ。
NONA REEVES
 NNR(Vo.西寺郷太/Gt.奥田健介/Dr.小松シゲル)
  +Co.真城めぐみ/Ky.冨田謙/Ba.村田シゲ

9月のビルボ東京には行けなかったので、
個人的には4月ぶりのノーナのライブだもの、
もうめちゃめちゃ嬉しくて、どれほど楽しみにしてたことか!
で、実際、この日改めて「ああ、ノーナが好きで良かった!!!!」と
心から思えた。それくらいいいステージでした。

フェスならではの公開リハーサルでは、
「BRACKBERRY JAM」が聴けました♪(途中までだけど、おまけみたいで嬉しいね。)

サウンドチェックやリハの時点でも止まない雨。
だけど、マイクチェック時にもお客さんと低い声や高い声での「Hey!」で
コール&レスポンスして楽しませてくれる郷太君が、
「あと3分後にはじまるけど、俺はまだ止むって信じてます!
それに、(雨降るのは)9:1でネガディブかもしれないけど、
その「1」の方をとろうよ!」と、前向き発言で、頼もしい!

リハ後も、もうステージから一旦はけることなく、
そのままの本編に突入♪
・・・なので、デビュー前から本番前に一度も欠かさず続けていたという
気合入れの円陣を、この日はステージ上で。
「初めてみんな(観客)の前でやった」と言うてたし、貴重シーン見れたのな。
(「SMAP東京公演!」の声はなかったけどww)

セトリはこんな感じ。
<Set List>
 1.HARMONY
 2.Weee Like It!!!
 3.DJ!DJ!
 4.ENJOYEE
 5.Love Alive
 6.Lucy Guy

いいセトリ!
今年の新譜からの「HARMONY」はまさに“今のノーナ”が伝わる曲だし、
「Weee Like It!!!」はコール&レスポンスでお客さんと一体化できるし
(この日はイントロとアウトロのドラムに重なる奥田ギターがえらいファンキー
フレーズだった気がする!リリース当初から比べてどんどんファンキーになってく曲だな。)
「DJ!DJ!」はノーナLive初めての人にもきっと耳馴染みあるに違いなく、確実に盛り上がるし、
「ENJOYEE」はノーナ6の演奏力の凄さを見せつけてくれるのに相応しいし、
(ほんまこれカッコいいねん。)
「LOVE ALIVE」は、ライブに欠かせないしアガり曲で、各メンバーのソロ回しも最高だし、
「Lucy Guy」は、一緒にLaLaLaと歌えて、ほんとに気持ちよくフィニッシュできる〆曲だ。
フェスではこういうチョイスが良いってよくわかってくれてる!

全部の曲で、ほんとに幸せで楽しくなれて、
しかも、演奏&歌唱シーンがもれなく最高にかっこよっかった。

機材や楽器は雨で濡れないようにステージ端から離して内側へよせてあったのだけど、
「みんながレインコート着て濡れてるから俺も濡れる!」と
宣言していた郷太君は、ホントに舞台ギリギリまできて、Tシャツ濡らしてまでみんなの
近くで歌ってたの、ぐっと来たなぁ。
そして、
「レインコート着たみんなが米粒みたい!(←たぶん雨粒って言いたかったんだと思う、これw)
レインドロップになって、雨と一体化してる!つまりは宇宙と一体化してるってことだよ」
とか、良い様に良い様に言ってくれる前向きさはさすが。


ちなみに、雨に打たれてなくてもぐっしょりシャツを濡らせていたのは小松さん
つまりは汗だく。
短い時間にもかかわらず、全力投球ってことが伝わります。
ドラムセットは現場での用意物だったのか、ハイハットの具合が良くなくて、
調整大変そうにしてたけど、それでも流石のキレキレなプレイは、
ものっそカッコよかったです。
(本番前に、屋台エリアで遭遇した時、一方的に「が、頑張ってください!」って
言い捨ててきてスミマセン。もっと気の利いた事言えばよかった・・・。って
ここで謝ってもしょうがないけど。)

奥田さんは、この日はストラト一本で勝負。
LOVE ALIVEでの郷太君の「ジーニアス!!!」コールで、
中央の方まで出てきてくれたのは嬉しかったなぁ。
アンプに乗っかろうとしてたけど、片足乗せだけでとどめてましたな。
(過去の某アクシデントを心配して、みんなが「気を付けて!」って思ったよね。)


サポートメンバーのアクトもきらきらでした。
そして皆さんの表情がほんと好き。特にラス曲での冨田さんのあの笑顔が素敵すぎて、
こっちまで笑顔になる。


短い時間だったけど、最高のひと時。
LOVE ALIVEの頃から止み始めた雨は、
郷太君が全員の名を一人ずつ呼んでいくラストのメンバーコールのシーンでは、
すっかり降り止んでいました。
(そういえば、全メンバー名コール後、自分の名も自身でコールしてた郷太君ですが、
その時ちゃんと後ろで小松さんが「ボーカル西寺郷太!」と叫んでくれてるのですよ♪)

ライブが盛り上がっていくとともに止んでしまった雨、
・・・だなんて、また1つの記憶にのこるLiveが生まれました。

ノーナ最高。



17:00台には、Negiccoちゃんのステージも見ました。
(セトリはわからないけど。。。)
とにかく、かわいいし、ファンの人たちもフレンドリーで雰囲気めちゃよかったです。
自分がキープしてる場所を、背の低い女性に「前どうぞ」って譲ってくれたりする、
なんて親切な人たち。
そして、ステージアクトはさすがアイドル。可愛かったです。
可愛いだけじゃなく、歌も踊りも上手い。
「ときめきのヘッドライナー」ではノーナの郷太君(作曲してます!)も呼び込んで、
一緒に盛り上がりました。楽しかった。

18:00台は、物販ブースで郷太君の本のサイン会へ。
ジャネット本に、無茶言って、サインとともにジャネットの絵を描いてもらいました。
ありがとうございます。
郷太君はほんまに一人一人に向けてちゃんとお話してくれはるから嬉しい。
ありがとうございます。本読むのも楽しみです。

19:00台は、この日の大トリオリジナル・ラブ。

ORIGINAL LOVE
 Vo.Gt.田島貴男
   +Band Gt.木暮晋也/Ba.村田シゲ/Dr.小松シゲル/
        Ky.冨田謙/Co.真城めぐみ

リハ:朝日のあたる道
<Set List>
1.Let's Go
2.Deep French Kiss
3.月の裏で会いましょう
4.ゴールデンタイム
5.接吻
6.フリーライド
7.Two Vibrations
8.The Rover

EC1.サンシャイン日本海(w/Negicco)
EC2.夜をぶっとばせ

「今年は骨折らないように、後ろを見ながら動くようにしている。」と
去年の骨折トラブルを振り返りつつ、気を付けながらも、
それでもやっぱり田島さんはよう動くし、ソウルフルで熱かった!
リゾネーターなしでもその濃さは変わらないなぁ。。。
アンコールでのNegiccoちゃんとのコラボもありつつ、
トリに相応しいアクトをありがとうございます!!!

そして、すっかりお馴染みになった「ほぼノーナ(いや、ノーナは小松さん一人やけど)」な
バンドの演奏も見ごたえたっぷり。
サポートなのに、すっかり1つのバンドのような一体感だし、
各メンバーのソロもいっぱい用意してあるのが嬉しい。
我らがノーナの小松シゲルのドラムも、もう、ほんまにほんまにカッコよくて、
見てて卒倒するかと思うほどだったですよ。
特に「Deep French Kiss」と「Two Vibratio」のドラムソロがすごすぎて、
立ち尽くして動けなくなったよ。


「25年前は、もっとシュッとしたいい大人になれると思ってたけど・・・」
と言ってた田島さん、いやいや十分カッコいい大人です。
オリジナルラブのライブは最近見るようになったばかりなので、
25年前の当時の田島さんのことは、私はあんまり知らないのだけど、
それでも25周年の田島さんを知れたことが、とても嬉しい。


・・と、ほんとに好きな人がいっぱい出るフェスで、
初めての富山の1日を終えました。
行って良かった。また行きたいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

なおこ

富山ビートラム、大好きなPOPSが溢れていて、とっても居心地の良いフェスでしたねー♪♪私もノーナのために行ったといっても過言ではないです!というかノーナのために行きました(笑)
リハから暖かさが盛りだくさんで、タイムテーブル上の演奏時間は35分間でも、リハからの流れで体感時間は1時間くらい。手拍子するたびにはじける雨粒で、本当に宇宙の一部になった気がしましたよね。ステージとの一体感最高!忘れられないフェスになりました。

オリジナル・ラブの小松さん、鳥肌もの!誇らしくなっちゃいました♪♪
by なおこ (2016-10-17 21:52) 

nanayo

>なおこさん
初めて行ったフェスでしたが、ほんと心地良さ抜群のフェスでしたね。ノーナのステージを見るために行ったとはいえ、フェス自体も気に入っちゃいました♪
いやぁ、改めて思い出して楽しくなってしまう、そんないい時間だったなぁ。。。

>オリジナル・ラブの小松さん、鳥肌もの!誇らしくなっちゃいました♪♪

わかる!サポートで活躍してるノーナのメンバー見ると、「でしょー。素敵でしょーー。」って思っちゃうの。

by nanayo (2016-10-17 23:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。