So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本:『長い家の殺人』(歌野晶午) [本のこと]

『葉桜の~』をはじめ、歌野作品はいくつか読んでいるけれど
そういえばデビュー作であるこの作品は読んでなかったなぁ・・・と思って
今回読んでみました。

歌野晶午【長い家の殺人】

新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)

新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)

  • 作者: 歌野 晶午
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/04/15
  • メディア: 文庫

内容「BOOK」データベースより
消失死体がまた元に戻る!?完璧の「密室」と「アリバイ」のもとで発生する、
学生バンド“メイプル・リーフ”殺人劇―。
「ミステリー史上に残ってしかるべき大胆なアイデア、ミステリーの原点」
と島田荘司氏が激賛。
この恐るべき謎を、あなたは解けるか?
大型新人として注目を浴びた鮮烈なデビュー作。



文章は読みやすくて最後まで読み飽きなかったのだけど、
メイントリックが割とすぐわかってしまう。
最初に家の見取り図が図面として出てくる系は、
正直あんまり好きではなくて、
現場となる家の部屋番号の付け方でも、早々に作者の意図がわかってしまいます。
色んなトリックが発表されたあとじゃ昔の作品は初めて読んでも新鮮味がないのは、
仕方ないのかもしれないけど・・・。
本作は1888の作品なので、そこは責められないか。


あと、主役がいまいちわからない。
いろんな人目線で書かれているのはいいとして、
終盤にに登場した信濃譲二が急に探偵役になっちゃって、
しかも状況を聞いただけでスルスルと謎を解いてしまうのが、
ちょっと急で強引かも。。。
かなりキャラの強い人物なので、なんだか許容してしまったけど、
え、そんなに簡単にわかるん?って、思わずにはいられなかった。

ただ、メイントリック以外のミスリードは面白かった。
プロローグで見事に騙されました。
のちの歌野作品に通じる部分でした。
叙述トリックの歌野、さすが。
最後まで動機が謎だったので、そこが明らかになったとき、
「ああ、そうだったのか」とスッキリできました。


なるほど、これが歌野さんのデビュー作か。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。