So-net無料ブログ作成
検索選択

Live:『Steven Tyler LIVE IN JAPAN』(Steven Tyler w/LOVING MARY BAND) [ライブやイベントなどのこと]

2013年8月のエアロスミスの来日公演から早3年8か月。

今年はスティーヴンがソロ公演での来日。
その1日目の大阪公演に行ってきました。

「ソロとしてキャリア初となる奇跡のジャパン・ツアーが決定!!」
という知らせを聞いた去年の11月から、
この日をどんなに楽しみにしていたことか。

Steven Tyler (w/LOVING MARY BAND)
 LIVE IN JAPAN
 
 
C85qsq1VYAIhbAL.jpg
2017/4/8(Sat)@Zepp Osaka Bayside


Steven Tyler
 +LOVING MARY BAND
 (Marti Frederiksen、Rebecca Lynn Howard、
  Suzie McNeil、Elisha Hoffman、
  Andrew Mactaggart、Sarah Tomek)


会場は、今年出来たばかりのZepp OSAKA Bayside。
この規模でのハコでのスタンディングライブなんて、なんてレアだろう。
しかも割と早い整理番号だったから、ステージの近くまで行けて、
スティーヴンの爪まで見えるほどの位置でそのパフォーマンスが
堪能できたことは、もう奇跡みたいだった。
こんなに近い(その距離約3m)なら、
スマホ画面を通すより肉眼で見つめていたくて、
写真は2、3枚だけしか撮らなかった。
※会場内は一眼レフとか以外なら撮影禁止ではないのです。
(いや、まぁ、2、3枚は撮ったのだけどね。)

ずっと会いたかったスティーヴンは、
とにかくものすごくカッコよかった。カッコよすぎて泣けた。
ステージに登場しただけで、そのオーラの凄さに圧倒されるの。
物凄くカッコよくて、時々可愛くて、そしてお茶目。
観客へのサービス精神も抜群で、最高としか言いようがない。
そして、何より素晴らしいのは、やはりあの歌声!
年を重ねて尚、全く衰えていない。
高音も(キー下げなしで)がっつり出てるし、声量も凄い。
まさにスクリーミングデーモン。
しかもいっぱい動くし、いっぱい踊るし、物凄くパワフル。
マイクスタンド(エアロの時のLickMeって裏に書いたやつとは違ったね)を
使ってのパフォーマンスも健在でした。
こんな69歳、奇跡過ぎる。
やっぱり人間じゃないのかもしれない・・・って、
何度も思って聞き惚れました。

でも、他のバンドメンバーの見せ場の時には、
自分は後方に下がってメンバーを前に出させる
(でも、その時も、STは後ろ向いてフニフニ踊ってたりしてるので、
ついそっちを見ちゃうのだけど…。)、
そゆとこも素敵なんだよねぇ。
つまり、全てが魅力的ってことです。

ソロナンバーとエアロの王道曲の両方を組み込んだ見事なセトリにも大満足。

前情報では、エアロの曲が多めでソロアルバムからのは意外と少ないみたいだと
聞いていたけど、ソロのニューアルバム(これがまた名曲揃いなのです!)からも
7曲演ってくれました。
もちろんエアロの王道曲もあり、エアロのLiveでも定番のカバー曲、
その他色々織り交ぜての1時間40分は、
あっという間だったけど、永遠に記憶に残る1時間40分になった。

今回バックバンドとして同行しているLOVING MARY BANDの演奏もレベルが高く、
バッキングコーラスも素晴らしかったし、
カントリーバンドだっていうからどんなのかと思ってたら、
しっかりロックで、ものすごくカッコよかったです。
「カントリーはロックだ」ってどこかでスティーヴンが言ってたこと、よくわかった。
エアロスミスの曲も、(もちろんエアロメンバーが演るのが一番なのは間違いないけど)
変にアレンジしすぎず、むしろかなり音源に忠実な再現だったのも良かったなぁ。


<Set List>
Sweet Emotion(Aerosmith)
Cryin’(Aerosmith)

I'm Dowm(Beatles cover)/Oh! Darlin(Beatles cover)
Come Together(Beatles cover)

Love Lives(Solo)
Jaded(Aerosmith)
Love is Your Name(Solo)

Little Brown Gal ~I Make My Own Sunshine(Solo)

Mercedes Benz(Janis Joplin cover)~Piece of My Heart(Erma Franklin)
Living on the Edge(Aerosmith)
We're All Somebody From Somewhere(Solo)

What it Takes(Aerosmith)
My Own Worst Enemy(Solo)
Golden Slumbers(Beatles cover)~Dream on(Aerosmith)
Train Kept A-Rollin’

Encore
Janie’s Got a Gun(Aerosmith)
Only Heaven(Solo)
Walk This Way(Aerosmith)
Whole Lotta Love(Led Zeppelin cover)

開演時間の18:00を少しだけ過ぎると、
ステージのバックスクリーンに映し出される
スティーブンの歴史をなぞるような映像。
ステージのカミテから、漂ってきたオリエンタルなお香の香りとともに、
バンドメンバーとスティーブンが登場した瞬間はゾクゾクしたよね。
会場も割れんばかりの大歓声。

彼の第一声は「OSAKA!」でした。

一曲目の【Sweet Emotion】から湧き上がる観客。
スティーヴンの「OSAKA SING!!」のアジテートで、初っ端から皆で大合唱。
続く【Cryin’】も最高でした。ギターの女性がブルースハープ担当してたので、
今回スティーヴンはナシかなぁ・・・と思いきや、
ちゃんと彼もブルハプ奏でてカッコよかった。
吹き終わったブルハプを客席に渡してあげちゃてて、もらえた人が羨ましいです。

MCでは、「ドウモアリガトウゴザイマス」と丁寧に日本語で言うかと思えば、
「Thank you Fuckin’ so much!」ってすかさず言い放つところが最高。
そして、会場の後の方にも「(後ろの方も見えてるよ!感じてるから!)」って
声かけてくれてたねぇ。ホンマに優しい。。。

その後は【I'm Dowm】をはじめ、ビートルズナンバーのメドレーが続きました。
スティーヴンが歌うと、ビートルズの曲がものすごくファンキーになる。
しかし、ここで【Oh! Darlin】が聴けるなんて思わなかったよ、なんてロマンチック。
とろけそうになりました。
お馴染みの【Come Together】では、もちろん‟Over Mer”コールで会場が一体に。

そして、日本ツアーならではの曲はなんといっても【Love Lives】。
「Space Battleship YAMAMOTO」って紹介するから、
「山本」って誰?て思ってたら、「ヤマト」のことだったのか(笑)
歌ってくれたのは、ワンコーラスだけだったけど、
バックバンドのコーラスも素晴らしく美しかったです。

その後は、ギターのマーティ・フレデリクセンが
【Sorry】 (Buckcherryのカバー)を歌うシーンもありつつ、
エアロのヒット曲【Jaded】へと続きます。
スティーヴンの‟ecstacy's what you preferーーーーーーー!”の
超ロングトーンにしびれまくりました。


次に、ようやくソロの新譜から【Love is Your Name】を披露。
こんなに近くで、生でこの曲が聴けるなんて、ほんとに感動モノでした。
ベースのレベッカのコーラスも、スティーブンの高音ボイスも、凄かったねぇ。

続いてもソロ新譜から・・・、
と、その前に、ハワイアンな一曲【Little Brown Gal】をウクレレで弾き語りして
たのも可愛かったなぁ。(ところで、一瞬、弦を抑える左手を逆持ちにしてたの、あれは
何だったのだろう?)ウクレレをシモテのスタッフに放り投げて、
そのまま【I Make My Own Sunshine】へ。
会場には軽快なハンドクラップが巻き起こり、楽しかったです。
この曲可愛くて大好きだ。


そして、ジャニス・ジョプリンのカバー【Mercedes Benz】では、
ベースのレベッカとの高音シャウトバトルが
すごかったです。レベッカさんてばめちゃめちゃ歌うまい!!!
そして対抗するスティーヴンのハイトーンボイスもすごい!!!
アルバムにも入っている【Piece of My Heart】も素敵だった。


エアロの【Living on the Edge】では、やっぱり盛り上がりが半端なく、
スティーヴンの大きな息づかいは、ものすごくセクシーでした。

【We're All Somebody From Somewhere】では、まさかの「たい焼き」を
曲中のセリフにぶっこんでくるという、お茶目さにはのけぞったけど、
この曲も、すごく良かった。バンドの各ソロやパフォーマンスが堪能できる
一曲でもあります。聴きごたえあったなぁ。

そしてここで、大好きなエアロのビックバラード【What it Takes】。
これには、泣いた。気が付いたら立ち尽くして泣いてた。
エアロのLiveだと、スティーブンのアカペラから始まることが多いけど、
今回は、CD音源に忠実な感じだったね。
途中で、「Guiter---!」とスティーヴンが指さす先にいるのが
ジョーじゃないのはちょっと寂しかったけど、
ギターフレーズの鳴きあげと一緒に鳴きあげるスティーヴンの声にはさすがに
ぐっときました。


【My Own Worst Enemy】も、聴けて嬉しかったし、
スティーヴンのピアノ弾き語りは、もちろん【Dream on】。
この曲の前には、いつも何か別の曲をひとつくっつけて弾き語るのですが、
この日は【Golden Slumbers】でした。うわーこのパターンはじめ聴いた!
(ちなみに4/11の武道館公演では、そこはお馴染みの【Home Tonight】
を演ったようです。)
そして、この【Dream on】の直前だったかしら・・・
「For my part I know nothing with any certainty,
but the sight of the stars makes me dream. 」
という
Vincent Van Gogh(ゴッホ)の言葉がスクリーンに映し出されて
いたのもなんだか素敵だったですよね。
 
そして、本編ラストは【Train Kept A-Rollin’】。エアロでもおなじみの
バードヤーズのカバー。この夜は、しっかりバンドのメンバー一人ずつの紹介と
ソロプレイを盛り込んだイントロでした。
会場みんなで叫んだ「All night long!」は気持ちよかったなぁ。。。


アンコールの1曲目は、エアロのナンバーをセルフカバーして、
少しダークなカラーに仕上げなおした【Janie’s Got a Gun】。
その後、ソロ曲の【Only Heaven】を切なくシャウトを聴かせながら歌いあげた後は、
ジャンべの演奏を披露。素手で叩くのに、指にたくさんはめていた指輪を1つずつ
はずしてポッケにしまっていた。(これは投げないのね。本編ではストーンブレスレットを
全部外して客席にバラまいていたのに、さすがに指輪は高価なのばっかりだものね、
投げないよねw)そしてそのまま間髪入れずに【Walk This Way】へ。
これは、盛り上がった盛り上がった。

そして、オーラスには【Whole Lotta Love】を歌ってくれました。
ラストにツェッペリンのカバーだなんて、粋だったなぁ。

最初から最後まで、なにもかもがすごくて、すごすぎて、
現実じゃないみたいなLiveだったけど、
それは確かに現実で、そこには憧れのスティーヴン・タイラーが
実体を伴ってちゃんと存在してた。

スティーヴンが大好きだ、と、改めて実感した、夜でした。

11日の武道館公演は行けなかったけど、
この日、地元の大阪で、こんなに近くで、ライブを観られたことは、人生の宝物です。
日本に来てくれてありがとう。スチ、愛してる!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。