So-net無料ブログ作成
検索選択
NONA REEVESのこと ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Live:【復活!春の音泉祭り】 [NONA REEVESのこと]

とても天気のいい日の野音、
お日様と、いい音楽をたくさん浴びてきた。
親子連れもたくさんいて、ピクニック気分で観れるフェス、いいねぇ。

【復活!春の音泉祭り】
Cut2016_0429_1403_43.jpg

2016.4.16(土) @大阪・服部緑地野外音楽堂

出演者:
・ハルカトミユキ
・シンリズム
・初恋の嵐
 [ゲストvo.コヤマシュウ・下岡晃/guitar:木暮晋也・玉川裕高 / key:高野勲]
・小島麻由美
・シャムキャッツ
・カジヒデキ
・Awesome City Club
・SCOOBIE DO

近くで、これくらいのラインナップで
やってくれるフェスがあるって嬉しいな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『 BLACKBERRY JAM TOUR』(NONA REEVES) [NONA REEVESのこと]

帯の印刷ミスでNEWアルバムの発売日延期!という
ハプニングがありつつも、
待望の『BLACKBERRY JAM』を3/23に発売したばかりのNONA REEVES。
そのアツバムツアーが始まりました。

まずは初日の大阪と翌日の名古屋公演に、連日で行って参りました♪
そして、4/23★東京公演後、ちょこっとだけ青字で追記しました。

NONA REEVES
『BLACKBERRY JAM TOUR』

大阪BBJ.jpg
  2016.4.2(土)18:00~@心斎橋Music Club JANUS

名古屋BBJ.jpg
   2016.4.3(日)17:30~@名古屋HeartLand 

BBJ東京.jpg
    2016.4.23(土)18:00~@渋谷Mt.RAINER Hall


NONA REEVES (Vo.西寺郷太 Gt.奥田健介 Drm.小松シゲル)
  + BgVo.真城めぐみ Ba.村田シゲ Key.冨田謙


以下、セトリ載せてます。まだ、ツアー中なので、観覧は自己責任でお願いします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『春の虹』(シンリズム) [NONA REEVESのこと]

久々にシャングリラに行ってきました。

シンリズム ONE-MAN LIVE【春の虹】
sin.jpg
2016/3/20(日) 17:00~@梅田 Shangri-La

Vo.Gt.Ba.Key シンリズム
+【バンドメンバー】
  Key:高野勲 / Dr:小松シゲル (NONA REEVES) / Gt:藤井謙二 /
 Ba:酒井由里絵 / Per,Tp:西岡ヒデロー (Conguero Tres Hoofers)

高校を卒業して、東京の大学へ行くために、関西(神戸)を離れる前の
最後のワンマンライブ。
おなじみのバンドメンバーの聴きごたえのある演奏とともに、
まだまだ初々しい(けど楽曲は貫禄のある)シンリズム君のライブ、
とっても楽しかったです♪

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『TOUR 16 “LIBERTY”』(中田裕二) [NONA REEVESのこと]

去年の11月に発売された中田君のアルバムツアーが、この2月にスタート!
その2日目、大阪公演に行ってきました♪

中田裕二
TOUR 16 “LIBERTY”

liverty.jpg

2016.2.27(土)18:00~@大阪サンケイホールブリーゼ


Vo.Gt.中田裕二
+ブルーネオンズ
Key.奥野真哉 (SOUL FLOWER UNION)、Per.朝倉真司、Gt.平泉光司 (benzo, COUCH)、
Drm.小松シゲル (NONA REEVES)、Ba.隅倉弘至 (初恋の嵐)

会場のサンケイホールブリーゼは、割りとよく行く劇場だけど、
ここでコンサートを見るのは初めてでした。
しかし、中田くんのライヴは、「劇場」が似合うな!!
まさに”歌謡・中田劇場”な空間で、
凝りまくった照明の演出も、
煌く背景ウォールや光る柱の舞台セットも、
中田君の歌声とバンドの演奏のゴージャスさを
より一層引き立てていて、見応え&聞き応えは相当なものでした。

普段はお芝居を観るためのホールなだけあって、
ステージ全体、メンバー全員がしっかりきれいに観えるのも良かったし♪


中田君本人も、「ずっと大阪でホールでのライブをしたかった」と、
ライブ中に何度も言ってくれていたし、
ドラムの小松さんも「中田君の声は、ライブハウスもいいけど、
声の響きや余韻があるホールに合うね!」としっかり楽しそうでした。
(そう言われて、急に”ホテル紅葉~♪”(←琵琶湖温泉ホテル紅葉CMソング)と
エエ声で歌いだした中田君のあれは何だったの?w)


この日は、MC第一声を噛む、といういつものパターンをやぶり、
間奏のアジテート第一声を噛む、という新たなクオリティを打ち出した中田君でしたが、
歌はさすがの圧巻な仕上がりで、
「艶めく情熱」を魅せ付けまくる2時間でした。

※以下、セトリ書いてます※見たくない人は注意

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

舞台:『JAM TOWN』 [NONA REEVESのこと]

久々にKAATに行ってきました。


観て来たのはこれ♪

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
A New Musical 「JAM TOWN」

Cut2016_0131_2233_53.jpg

2016.1.30(土)17:30~@KAAT神奈川芸術劇場


【原案・演出】錦織一清
【作詞・作曲】西寺郷太
【振付】YOSHIE
【作詞】金房実加
【原作】齋藤雅文 【脚本】斎藤栄作


【出演】筧 利夫/ 松浦 雅/水田航生/東風万智子/藤井 隆
 YOSHIE/Oguri (s**t kingz)/HASSE/エリアンナ/大音智海
 小暮キヨタカ/SUZUKiYURi/珠/ダンドイ舞莉花/ 深瀬友梨/MASAHARU

【演奏】Drums:西寺郷太(NONA REEVES)
    Keyboards:冨田謙
    Guitar:奥田健介(NONA REEVES)

<あらすじ>(公式HPより)
横浜港につながる運河に係留された船を改築したボート・バー。
ぶっきらぼうだがどこか温かみを感じさせるマスターの橘 祐司(筧 利夫)を慕って、
今宵もなじみの客が集まっている。マスターの後輩で私立探偵の長谷川(藤井 隆)もそのひとり。
ある日の深夜、J.J(水田航生)という青年と一緒に、泥酔してベロベロのあゆみ(松浦 雅)という少女が現れた。
マスターが介抱しようとすると、見覚えのある火傷のあとが目に入る。
あゆみは離婚して以来何年も会っていなかったマスターの実の娘だったのだが...。

少年隊の錦織さんが演出を手掛けたニュー・ミュージカル。
トライアル公演(試演会)と、劇中曲の披露ライブを経ての
今回の本公演。
その千秋楽でした。

“ニュー・ミュージカル”ってなんだろう?
…と、思いながら出向いたのですが…、なるほどね!
「物語の中に歌がある」というのが一般的なミュージカルだとするならば、
「音楽・歌・ダンスを物語でつなぐ」というのが、
このニュー・ミュージカル「JAM TOWM」。

ストーリーとしては、「父と娘モノ」を軸に、「若い恋」をエッセンスにした
シンプルな(良く言えば“わかりやすい”)もの。
なので、物語をがっつりメインに演劇として観るつもりで臨むと
「ありゃ?展開早すぎない?」と、その唐突さに戸惑ってしまうかもしれない。
なので、早い段階で、「これは音楽と歌とダンスのショーなのだ」と理解すること、
そうすれば、すんなり たっぷり楽しめます。

実際、私自身も、ものすごく楽しんできました。
千秋楽ということもあってか、
観客の盛り上がりもハンパなくにぎやかで、
一つ一つの歌、それぞれのダンスに、その都度拍手が沸き起こり、
音楽を通じで舞台と会場が一体になる、そんな空間がそこにあった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『DJKH×A.C.E. TOUR 2016『君が、来る』』(堂島孝平×A.C.E.) [NONA REEVESのこと]

久々に堂島君のワンマンライブに行ってきました。

堂島孝平20th
【DJKH×A.C.E. TOUR 2016『君が、来る』】
 
Cut2016_0110_1300_17.jpg
2016.1.9(土)17:00~@心斎橋 Music Club JANUS

Vo.Gt.堂島孝平
+A.C.E.(Gt.奥田健介(NONA REEVES)/Drm.小松シゲル(NONA REEVES)
     /Ba.鹿島達也/Key.渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz )

20周年記念を締めくくるツアーは、大阪が初日。
バンドメンバーも大好きな人たち。
堂島君が「今日の初日でツアー終わってもいいくらいの気持ちでやる!」
と、宣言したとおりの、アツいアツいライブでした。

「デビューの頃から変わらない気持ちでやってるけど、
一つ変わったのは、自分がこんな派手な衣装を着るようになったこと。」
と自ら言う通り、アー写と同じ上下柄もののシャツ&パンツにジャケット
を羽織った派手な衣装の堂島君。
ネクタイがハンバーガー柄(ポテトが一個だけ付いてる!)で可愛いかったです。
「ライブをするには暑いんだけど、途中までは着てやるから!」と宣言しつつ、
いい具合のタイミング(ライブの途中)で脱いでました。
バンドメンバーは、「カリスマ美容師の集まりです!」と紹介されてたけど、
白シャツで揃えてて爽やかだた!
(「けど、小松さんだけカッターシャツぽくね?」と呟いた隣の友人の言葉は、き、気にしない!(笑))


※以下、セトリ載せてるので、知りたくない人は注意。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『RADIO CRAZY2015』 [NONA REEVESのこと]

去年につづいて、今年も行ってきました。

【RADIO CRAZY2015】
10150735_815280891951233_5764348909413803304_n.jpg
2015.12.28(月)11:30~@インテックス大阪

今回も、メインからサポートまで、見ごたえあって楽しかったです。

【シンリズム】見て、→【東京カランコロン】を見て、→【cero】見て、→ご飯食べて、
【KEMURI】を途中から見て、→書き納めクレイジー書いて、
→音波神社でおみくじ引いて→【The King All Stars】見て、→【スガシカオ】見て、
→ぜんざい食べて、→【The Birthday】見て、→そのまま【髭】見て、
→そのまま【Ken Yokoyama】見て、
→大トリの【東京スカパラダイスオーケストラ】でライブ納めてきた!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『IKEMAX THEATER』(レキシ) [NONA REEVESのこと]

今年はお館様(池ちゃん)が本物の映画(海街Diary)に出た!!!

…ということで、ツアータイトルがこれになったそうです。

レキシツアー 
【IKEMAX THEATER】

Cut2015_1227_0908_10.jpg
2015.12.21(月)18:30~@大阪・オリックス劇場

【バンドメンバー】
 Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)
 Piano&Cho:貝塚太郎(磯貝サイモン)
 Ba:御恩と奉公と正人(鈴木正人 from LITTLE CREATURES)
 Dr:伊藤に行くならヒロブミ(伊藤大地)
 Sax&Flute: TAKE島流し (武嶋 聡)
 Trumpet: ほっぺた犯科帳 (類家心平)




以下、セトリだけ・・・と思ったのですが、
来年1月に追加公演(沖縄)がまだ残っていて、
ネタバレ御法度っぽい雰囲気なので、
それが終わってから公開することにします。。。

「おまえたち!国技館での公演が終わったからって、
 気を緩めてんじゃないだろうな?!」と、
バンドメンバーへ喝を入れつつも、この日も一番脱線しまくりで
自由奔放なのは池ちゃん本人でした。
もう、最高に楽しかったです!!!

※以下は、ツアー終了後UP予定※

・・・と、いう訳で、
沖縄ツアーファイナル公演が済んだので、追記しました。2016.1.11

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2015』(NONA REEVES) [NONA REEVESのこと]

さて、今年もこの季節、この日がやってきました!
このLiveに行けたなら今年もいい年だったと言っても過言ではない、
そんな、一年の“幸度計(ハッピーバロメーター)”みたいな存在のライブ。
私は大阪公演の方へ行ってきました。


今年のノーナは、春のビルボードライブ以降は、
対バンやイベント参加以外は、夏のカフェライブが主だったから、
この“ノーナ7”体制のワンマンライブステージは久々♪
個人的にはフェスやイベントは観に行けてないので、
ほんとにほんとに待ち遠しかったの。

NONA REEVES
【ノーナとHiPPY CHRiSTMAS 2015】
Cut2015_1214_0054_16.jpg
2015.12.12(土)17:30~@心斎橋Music Club JANUS

NONA REEVES(西寺郷太・小松シゲル・奥田 健介)
+ 冨田謙[Key] 、真城めぐみ[Cho]、 村田シゲ[B]、 松井泉[Pa]


今年、他のアーティストのステージのバックでは、
「ほぼノーナ」な布陣はあったけど、
今日はそれこそ「全ノーナ」!(当たり前だけど。)
郷太君、奥田さん、小松さん、
そしてサポートの冨田さん、シゲさん、真城さん、いーちゃんが
全員揃っているステージ上は、私にとってはオールスターなわけですよ。
郷太君も「今音楽シーンで最も忙しいメンツがここに集まった」と言ってたけど、
ほんと各メンバーの個々の活動も忙しく、全国飛び回っている彼らが、
今年もこのクリスマス時期の、この大阪に、
ヒッピークリスマスのために来てくれたというコトが、
たまらなく素敵で、贅沢で、嬉しい。
今年も大阪に来てくれてありがとう。この場所に行けて、本当に良かった。

最初のインディーズアルバム「SIDECAR」を出したのが、
1996年12月13日なので、この日、2015年12月12日は ちょうど丸19年。
記念にふさわしい日のライブは、圧巻の楽しさでした。

※以下、レポというより感想ですので、あしからず。
そして、大阪公演のセトリ載せてます。
東京公演はまだこれからなので、知りたくない人は注意。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live:『"kanata"Tour 2015 PART2』(Mellowhead) [NONA REEVESのこと]

MellowheadのLiveに行ってきました。
メロへでの来阪は5月ぶり。
今年のうちにもう一度大阪に来てくれるなんて!

Mellowhead
"kanata"Tour 2015 PART2
Cut2015_1212_0910_10.jpg
2015.12.11(金)19:00~@北堀江club vijon


Vo&G:深沼元昭 +B:林 幸治(TRICERATOPS)
  Dr:小松シゲル(NONA REEVES)  Key:金井央希

詳細レポできないので、ひとまずセトリだけ。
※以下、知りたくない人は注意※

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 NONA REEVESのこと ブログトップ